ユタカ2イキルオテツダイ

ほんの少しずつ、ゆたかになってゆきましょう

25話  人生を変えた人達

5月某日

 

金ちゃんは、いよいよ元号が変わる5月の連休から「合宿免許」に行きました。2週間も家を離れるのは初めてです。

少し心配もありましたが、1人部屋を選んだので、だいぶ気が楽です。

 

金ちゃんが選んだ合宿免許場 は千葉でした。そこに「連休をきっちり使って、近郊で免許を取るタイプ」

( 遊びに使わないところがなんとも )の人たちがいました。

初日には、4人でひとつのグループで 行動する時間割になっていました。

グループの人たちは、落ち着いていて、

ある程度の距離感を保ちながら コミュニケーションが取れる人たちでした。

 

その中でも、ひときわ目立っていたのは、

30歳のネパール人タブさんです。タブさんは親しくなるにつれ、自分のことを話すようになりました。

「 専門学校を出て、働いている。仕事には1番早く行く。終わってからも残業をすすんでやって土曜日も出勤している。

免許も自力で取ろうとしたが、うまくいかなかった、 それを知った会社が 費用も出してくれた 」など、なかなかいい話です。

いい会社だな、 と金ちゃんは思ったようです。

「上司で嫌な 奴がいて、 その人のせいで2、3人が辞めている。自分もいじめられて、もう辞めようと思った。

そのことを 70歳ぐらいの人に相談をした。すると『 あなたは外国から日本に来て、 仙台からこっちにまで来て、

そんな人が辞めたいって言うのは よっぽどのことだ』とその人は言った。

その後、 長い休みを取った。

そして 会社に戻ってみるとその嫌な上司はいなくなっていた。その後も真面目に働いて、 今では 新しく入ってきた 人に仕事を教える立場になっている」

 

 

またグループ内の女子大生は、浪人の経験もあるし、 金ちゃんが通っていた明光義塾で 講師もやっていて、

気が合う 人でした。

金ちゃんが在宅で 受験勉強をすることについて話したとき、その人は言いました。

「同じくらい勉強が出来ても、在宅では点がとれない。予備校に通ったほうがいい」

 それを聞いた金ちゃんは、悩みます。

 

グループ以外でも 待ち時間に話しかけてくる人が何人もいました。

25歳で 医療事務、「 仕事はとっても楽しい」と言っている人 、きんちゃんが大変じゃないですか、と聞くと 「私は変わり者だから」と言いました。

女性で通訳のような仕事で、バリバリ働いている人もいました。

 

30歳ぐらいの中間管理職の人 。相部屋だった人が門限を守れないので学校から注意を受けて退出させられた話。

仕事は人間関係が大変だという話を聞きますけど、とふると「大変じゃないよ。 ダメなやつは切っちゃえばいい」と言います。

 

未成年でタバコを吸ったり、お酒を飲んだりしている人。その人と話したタブさんが後で、「あいつやばかったな」とさりげなく言ったり。

 

学校で教わる模範的な、みんなと仲良くしなくてはならないとか、そういうことを社会人は言っていないようです。

どんな人が認められて、どんな人が社会で通用しないのか。

金ちゃんの今までの世界は限られた狭い中でした。そこと社会は違うようです。

 

こうして社会に出ている人の話を聞くと、思いやりがあったり、努力を認められたり、やりがいを感じていたりする人がいる。

そして人間的に問題のある人に対し、キレイごとではなくどうやって関わっているのかを知りました。

金ちゃんは、勇気が湧いてきたのではないでしょうか。

 

 

そんな中で一番仲良くなったのは、 けんじ君でした。金ちゃんの隣の部屋です。けんじ君が、壁を叩くのが合図です。

門限を越えてこっそり深夜まで話をしたり、英単語を覚える競争をしました。

けんじ君は、高校で1年間海外に留学経験があり、

9月からはカナダの大学に入学が決まっています。将来は起業したいと夢を語っています。

金ちゃんはそんな18歳にはじめて会ったのです。

金ちゃんも経営に興味があるのです。大学でITを学ぶのも同じでした。けんじ君が起業したら一緒に何かできないかと思うとワクワクします。

けんじ君とは、合宿から帰ってきてからもスカイプでつながっています。

 

同じグループの4人で撮った写真のなかで、金ちゃんは晴れ晴れとした笑顔で写っていました。

 

 

 合宿免許から帰ってくると Twitter にダイレクトメールを受けとります。知らない人からです。

受験勉強を在宅にするべきか、 予備校に行くべきか 悩みをツイートしていて、それに応えてくれたのです。

その人は、

「自分も大変だった時に周りの人から支えてもらった、だから今度は自分がそういう人を支える番だ」

という気持ちで 、メッセージをくれたのです。

 私は涙が出そうになりました。

金ちゃんは言います。

「もし行けなかったらそれはすごく辛いことだけど、 でも違う大学で違う方向でも出来ることがある。

その人は YouTube もやってるからママも見た方がいい」

私は見てみました。

動画は、仮面浪人1年浪人1年、在宅で勉強し行きたい大学を受験。合格発表当日の生配信です。

そして結果は…。かっこよく。号泣。自分の現実を受け止めています。その後も動画配信は続けていて、内容は勉強です。

 

 

そしてもう一人、ダイレクトメールをくれた人がいました。社会人で結婚していて子供もいる人です。

「京都大を目指していましたが落ちて、すべり止めも落ちて、その下の大学に行くことになりました。

そして、ゼネコンに就職して今は家庭を持っていて幸せに暮らしています。受験のことは今でも夢に見ます。でも、悔いはありません」。

 

金ちゃんは様々な人の体験を垣間見て、自分の未来が、全力の結果がどのようになっても、それが絶望ではないことを知りました。

 

 金ちゃんは、こう言いました。「京大を出て、就職して、結婚して子供もいて、それからブロガーになった人がいる」。

合宿免許に行くまでは、大学に行かなくてもブログで生きていく道もあるのではないかと、思い描くこともありました。

 

しかし、今は自分で勉強のスケジュールを組み立て、体調にも気を使って受験勉強に取り組んでいます。

初めの目標通り、自宅で独学で合格を目指すのです。もう迷いはありません。

また、一人で、毎日毎日机に向かう日々がはじまりました。

 

 

 

 



24話 金ちゃん、ブログで目覚める

4月20日

 

金ちゃんがブログを始めてから 2ヶ月ほどになります。 ほぼ同時に Twitter を始めて 今では フォロワー 400 、フォロー600くらいです。

ブログを始めてから毎日楽しい と Twitter でつぶやいています。

先日 金ちゃん に 、「会って話をしましょう」と フォロワーの一人  から打診がありました。

私は初めは 、普通の親がそう思うように、なにかの危険があるのではないか、騙されるのではないかという思いが頭をよぎりました。

しかし、むやみに否定しないようにして、金ちゃんの反応を見ていました。

金ちゃんとの会話の中から 金ちゃんも リスクをわかっていて 会いに行くことに決めたのだと 伝わってきます。

私は 相手の人の Twitter を 調べて、上から順番に丁寧に読み込んで その人の人間性を 見ました。

言ってることは至極まともだと思いました 。しかし 何の目的で会うのかはよくわかりませんでした。

まだ21歳で フォロワーが3000人以上もいます。

ブログで稼ぎたい人、  フリーランスで働きたい人、 自分の 師匠に興味のある人 、そんな人 と会う活動をしているようでした。

金ちゃんはあって損はないと思う 、と言っていましたので少し自分にとって プラスになる何かがあるのでは、と 思っているようでした。

私はもう大人ですから その裏にどんな駆け引きがあるのかと考えていました。

 

 

行ってきたのです。

金ちゃんにしたら、すごい行動力だなと思いました。

ブログで Google アドセンスや Amazon アソシエイト の広告が 載せられるようにまでなったので 自信をつけて いるのです。

フォロワーの人が いいねをつけてくれているので、 もう 幸せで 多少のことではへこたれなくなっているようです。

 

「どうだった?」

 

「 こんなに背が高くて 今風の服を着て 髪の毛を整えてある 外向的な 人 。すぐ行動しなくちゃダメだっていう話 。

自分は大学を中退して 今の仕事をしていて とっても充実していて 仕事が楽しいって。 僕のタイプとは違う」

 

きんちゃんは せかせかと 部屋の中を歩き回って います。今日あったこと を一気に 吐き出しているようです。

 

「 きんちゃんのブログはどうだって」

 

「 読んでないって」

 

きんちゃんは不満そうでした。 相手の人は 金ちゃんに興味があって会ったわけではなさそうでした。

自分は 教えてあげる側だ 。という印象を金ちゃんに与えたようでした。

 

「 何の目的で会ったんだろうね」

 

「 分からない。 だけど セミナーに誘うとか しなくても 自分に興味を持ってくれた人は コンタクトを取ってくる って言ってた。

お金は 向こうが払うのかなと思ったけど 、自分の 分は出した。

学校でよく張り切って行動するそういうタイプの 人間 。僕には僕の 、僕みたいな人間が生きる道があるんだってことを見せてやる。

ブロガーで生きるか、大学に行くか考えているって言ったら、今の僕の状況では大学へは行くべきだって。

うちの母親は FX で もう10年もやってて 何百万も稼いでるんだって言ったんだ 。そうしたら 投資なんて 博打みたいなもの ダメだって」

 

きんちゃんは私に言った。「 だからママも」。

 

「 えーっ、それはそんなに 間違ってもないかな。ママもあんまり人には勧めないかな 。人に教えられないんだよね 。

ある程度のことはあるけど、 その瞬間の判断っていうのは 同じようにやっても 人それぞれ で、 人によってやり方が千差万別」

 

金ちゃんは何か言いたげな言葉にならないようなものを飲み込みました。

 

「 金ちゃんは 承認されるとか 、なんか 思ってたんだ」

 

それから 「結局ビジネスで会ってるんだね」、などと話をしました。金ちゃんはバジルのスパゲッティをたいらげていましたが、

隣に置いてある サラダの皿はそのままで 気がついていないようでした。

 

「 何か甘いもの飲む」 と聞くと「飲む」と勢いよく言って、この事はブログに書くのだ、と話していました。



その日の夜 金 ちゃんが 言ったことを思い出していました。「何も知らなかったママが、 FX で 稼げるようになって 僕はすごいことだと思っているんだ」。

 

私は、人に誇れるような華やかな戦歴はなく、今もいつどうなるかと恐々としながら  やっています。

ちゃんとした企業なら、信用もあってカードを作ったり、ローンを組んだり、お金を借りることも有利です。

今の私にはその信用がありませんし、証拠金取引(FX)では、銀行はお金を融資しないようです。

そして、4~5%の利益で生活できるほど資本があるわけではありません。そんなことを日々思っているのです。

 

しかし息子にそう言ってもらえた今、私は世界一の勝者なのだと実感したのです。そして自分が勝者なのだと思った時に、

ブログで稼いでいこうとしている 名もなき人々 、投資で稼ごうとしている名もなき人々の 挑戦がスゴいことなのだと、

すごい人たちなのだと理解できたのです。



金ちゃんはみんなに応援されるためにどうしたらいいのかを考え始めたようです。

「今の僕に弱音はない」

そんな僕は共感を得られないのでは、など言っていました。いつになく、強気な金ちゃんです。

 

以前、金ちゃんの自転車に 書いてある 英語の文字が が どうにも目について気になっていました。

そこにはこう書かれてありました。「NEXT STAGE」。金ちゃん、次のステージに入りました。

 

23話 体育教師のその後

    

4月1日

 

先日、「犬山被害者の会」の会合があり(笑)、坂本さんと佐藤さんと「いしがまや」でハンバーグを食べながら会うことになりました。

二人とも前回あった時と変わらない様子でしたので、ほっとしました。坂本君は、無事大学に受かり、佐藤君は浪人ということまではLINEで知っていました。

 

「腰大丈夫でしたか」

 

私は、佐藤さんに真っ先に聞きました。

 

「それが、痛い痛いって、1月はほとんど学校に行けなく。校長先生もできるだけのことはしてくれたんだけど。

卒業式には間に合わなくて、3月中に補習をして、やっと卒業できたんですよ」

 

「えっ、卒業式出れなかったんですか」

 

「ええ、本人もそんなに気負ってなかったんですけど」

 

「そうだったんですか。今はどうなんですか」

 

「今はもうだいぶ良くて、ある動きをしたりすれば痛いようですけど」

 

「そうですか」

 

坂本さんを見ると、何か複雑な顔をしています。その経緯は知っていた様子です。話が進んでいくうちにわかったのは、

今年は、予備校でも予測不可能なほどA判定の人が落ちていたという中で、坂本君は、E判定

からの合格を勝ち取っていたのです。「なんか、あまり言いたくなくて」と申し訳なさそうに言っていました。

 

そのあとも、予備校の話や、雄介君のいく理系大学の留年率が3割だとか、子供の兄弟の話や、仕事の話なんかをして、

あっという間に3時間ほど話し込んでいました。又会いましょうと坂本さんが言って、別れました。

坂本さんが何か複雑な表情をしていましたので、考えてみましたら、責任感という言葉がぴったりかな、と思いました。

 

その次の日、佐藤さんからラインが来ました。こんな内容でした。

 

「新聞見ましたか、犬山先生○○○高校ですね。偏差値調べてしまいました.ザマーミロと思ってガッツポーズしてしまいました」

 

犬山先生の異動先です。偏差値は20も低く、場所も遠いところです。わたしもこんなメッセージを送りました。

 

「wikiで調べてしまいました。わ、笑いをこらえても,か、顔が`~」

 

そして、金ちゃんのLINEです。

 

「面白い学校だね、入学試験はなくて、意欲があれば入れるという。

風紀も若干乱れ気味で、校則も厳しいらしいから彼にはいいんじゃないすか」

 

それを受けて佐藤さん。

 

「本当に!!!港北高校みたいにはいかないよ!っていう感じですよね!鍛えてもらいなさい、と思っています」

 

坂本さんは、

 

「校長先生、やりました!」

 

ふぅふぅふぅ、とか、やったやったやったとか、ありがとうございます、とか、感謝とかスタンプがついて。

佐藤さんはお上品だから、悪く言うことに抵抗がありそうですけど、坂本さんは正義感の強さで、

すっきりした様子でしたし、子供たちには、正義が行われることに希望を見たのではないでしょうか。

見ていると、性格の悪い人って、どこかで足をすくわれている。ですから、復讐は神様にまかせて、

私たちは安心して生きていこうと思うのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22話 ニートから浪人

f:id:chicken-heartdesu:20190527135726j:plain

2月28日

大体、浪人とは何なのでしょう。調べてみると昔、支配階級であった武士が、所領と職を失い

浮浪することから来ているようです。政治的な行動を起こしたり、一揆を起こしたりしています。

現在では、試験や就職に不合格な者をさしているようですが、どこか、昔の名残りを感じますよね。あまり良い立場ではありませんねー。

ひとは「貧困」に陥ることが何より恐ろしい。突然なにを言うのかと思われるでしょうが、昔から

そのことについて考えて備えて来た人が生き延びてきたからです。人に生まれて人として生きるのに、住むところ食べるもの、着る物のない状態は

人を卑しくさせます。お金がなければ生きるために、ありがとうと言わなければならない人を裏切ったり、

まじめな人から盗んだりしなければならなくなります。

 

そうならないために、早く生きてゆくための武器を、何か身につけてほしいと思っています。

 

歴史の中の「浪人」でも、道場を開いたり、内職をしたり、商人になったりして何とか生きのびた人たちも、

いました。

 

金ちゃんは、PCで調べてブログを始めるようです。お金を稼ぐのが目的です。人のために役に立つ記事を書くことも目的ですが。

様子を見ていて金ちゃんのすごいところを見つけました。私にどうしたらいいか聞かないのです。

自分で調べています。マイペースで進めています。そのことが生きていく力だと思いました。

ブログは「辞めなければ勝てる」と言っている人もいて、金ちゃんの大きな武器になるのではと期待しています。

 

21話 大学受験の結果

f:id:chicken-heartdesu:20190221191943p:plain

2月21日

13日に、受験先の大学から通知が届きました。なんと、自己採点では取れていたはずの基準点に、達していなかったのです。

あまりにもあっけない幕切れに、とまどい、苦笑い。.複雑な思いと共に、再採点もしてみたのですが、

基準点は取れています。マークを間違えたのでしょうか。

金ちゃんは初め衝撃を隠せないようでしたが、大学に問い合わせたり、塾で話をしたりして、

すこしずつ受け入れることが出来ました。

実は、通知が来るまではずっと腹痛に悩まされていたのですが、翌日になるときれいさっぱり消えました。

 

「あれ、顔色いいね。お腹は大丈夫なの」

 

「全然痛くない」

 

そして、すぐにスマホ解禁です。げんきんなものです。ストレスから解放されるとこうも変わるのか、と思います。

 

そして、今金ちゃんは、学校を辞める前の元気だったときと同じようにテレビゲームをしながら、友達と話をしています。

ブログを始めると言っています。ギターも買いたいし、自動車免許もとりたいのです。

そして、

来年また挑戦します。

 

「ブログで稼げるようになったら、大学行かないかもしれない」

 

にやーっとして、でも目が笑っていません。

私は、ドキッとしました。「大学に行ってから…」「卒業してから…」「一度は大手企業に就職…」

と頭に言葉が浮かんできます。そして、考えてしまいました。金ちゃんは体力がありません、対人関係も得意ではありません。

でも、一日中家にいて、疲れを知らずゲームをしたり、スマホをいじったり出来るのです。勉強に向かうこともできます。

一人でいても平気です。

 

私は金ちゃんの中にある、たくましさに気が付きます。

もうすぐ一年になります。初めはどうなるかと気をもんでいたのです。その頃のことを思い出していました。

それから、気が付きました。金ちゃんの道は見つけたり、探したりしなくても、今すでに目の前に道があるのだと。