ユタカ2イキルオテツダイ

ほんの少しずつ、ゆたかになってゆきましょう

シャーマンかヒーラーか

 

悩みどころです。

怪しさはどちらも同じくらいでしょうか。

何を突然言い出すのかというと、興味深い本や映画を紹介している人がいて(と書くときはいつも同じ人物のことで、私のハイヤーセルフのような人だと思っています。ハイヤーセルフ!とうとう私もこの世界の住人なのだ)私の性質からの落としどころというか、そんな話です。

小さいときから、優しい子だといわれ、看護師、カウンセラーに向いているといわれることがありました。

この現実世界に生きて、生まれてから何十年も対応しているんだけれども、世間一般の経験をして、それでも残る自分の中の重要性というか、これがあれば納得して次の世界に行けるのは何なのかと考えることがあります。

子供を育てているときは、子供が愛されていると感じてくれるのが私の使命だと思っていて、自分なりに納得をして子育てを終えたと思っています。

実をいうと、それからどんどん人とのつながりに興味を失っていて、極めつけは私の癌のときの周りの反応が大きかったと思っています。

友達や、肉親とのつながりは何であったのか、と考えていると、ある動画に興味をひかれるようになりました。

それは、今の私たちのつながりは、物質世界でのつながりで、お互いその中で感情の絡み合いをしているのだということでした。

あれが欲しい、これをして欲しい、コントロールや支配、依存や執着はその物質世界での欲を満たすためのものなのです。

そんななかで、本当に私のことを心配してくれる感情を持つ人がいたことは私にとって驚きでした。

その純粋さは私の心、というか魂に伝わりました。

心は自分のコントロール内にある感じがしますが、魂はコントロールの外にあって、このときはわけも分からずに涙が流れ続けるということで、そういうことなのかと知りました。

魂がゆすぶられて淀んだものが流れたと、そういうこともあるかもしれません。

そんなことがあって、この物質世界の感情のもつれを楽しんでいる人たちの感情が、私に伸びてくるたびに、それと気づくようになりました。

それは、内省を通じてそれらが私の中にあるのを認識できるようになったからです。

これは被害妄想、ツンデレ、依存、などと判断できるようになったのです。

そして、私は受け入れがたく感じるようになりました。

その人から離れるか、それができないときは言葉や態度のテクニックを使ってみたり、イメージでシールドを作ったりしました。

よくネガティブのエネルギーとか、ポジティブのエネルギーといいますけどそれは何をもって計るのか今一つわかりませんでしたが、少しわかってきました。

考えている内容や感じていることによって、胸のあたりで変化が起こるようです。

胸がつぶされるように感じたり、ぼわっと温かく感じたりします。

言葉のもつ波動を写真に写したものを見たことがあります。

「ありがとう」などの言葉は規則的な美しい形を作り、逆に否定的な言葉は荒い形になっています。

そのことを思い出していました。

自分で自分の感情を作り出すことは出来るのだろうと思います。

そういう状況の中で、チャクラなどのエネルギーを整えることをしてみたり、ハイヤーセルフに「どうすればいいのか」と聞いてみたりしています。

同じ現実を生きる周りの人に相談をしても、その場では気が晴れるような気持ちになるときもありますが、心の中で腑に落ちないというか、もっと違う何かがありそうだと思います。

過去性とか、カルマ、パラレルワールド、地球、宇宙など、深みと複雑さと理解できない真実があるようにも思えてきます。

人ではないものとつながればいいのでしょうか。

誰かが、神とか霊とか天使とかとつながったんですよね。

ときに未来を見たりしたんですよね。

面白いですよね。

私にはそんな能力はない(誰にでもあるといわれていますが、まだ開花していないか、気づいていない)ので、自分の心を穏やかにして、まずは自分を癒せるようになりたいと思っています。